読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からやぶり!

自分の殻を破りたい女が発信しようと奮闘する記録

これからの時代を生き抜くには、情報を発信して自分をブランディングしていく

スポンサーリンク

こんにちはとぅーです。

 

渋谷であった複業LIVEというイベントに行ってきました。

enfactory.co.jp

 

私はふつうに会社員デザイナーです。

そして、あんまり情報発信とか自己表現とか得意じゃないんです!!

 

でも、そんなこと言ってられないなーと感じたのでした。

表現する仕事なのに自分の表現得意じゃないって、じゃあお前何ができんの何もわかんないよって話なのです。

 

自分の名前で仕事ができるようになろう

「自分だから」お願いされるようになろうということです。

会社だと、所属していれば一応仕事は降ってきますが、何も後ろ盾のない自分の実力だけで仕事がもらえるようになれば、どこでだって生きていけるのが想像できます。

 

凡人レイヤーから偉人レイヤーに行こう

偉人レイヤーの人:名前が先にくる

凡人レイヤーの人:会社名が先にくる

 

凡人は会社の中に視野がこもりがちです。

外に目を向けることが、偉人レイヤーに近づく第一歩です。

 

お金が儲かるかどうかより、何が出来るようになれるかを考えよう

ボランティアとか勉強会でも良いので、外で手伝いやら交流をする。

金になるならんは置いておいて、何かするのがとにかく

 

好き好きマーケティングしよう

荻窪のブックカフェ「6次元」のナカムラクニオさんがおっしゃっていて、

とりあえずTwitterやらブログやらで「好き好き!やりたいやりたい!!」と言っていると自然と仕事が集まってきたという話。

6次元

 

この人のブックカフェを暗闇にしちゃうという話がおもしろかったですw

 

カフェが流行らなかったから、思い切って真っ暗のブックカフェ(読めないw)にしたらおもしろいんじゃないか?という発想。

そしたらめっちゃ人が集まってきて儲かったとかw

意味がわかんない感じが面白かったw

 

うまくいくかはわかんないけどやってみる、という当たり前なんだけど凡人がなかなか出来ないことを、体現しているような方でした。

 

「とりあえずやってみる」は、私の課題です。。

 

ブログするなら、実名、顔出し。死ぬほど何が出来るかを書け

自分が何を出来るかっていうのを、死ぬほど書かないと誰も見てくれないし派生もしていかない。

恥ずかしいくらい書かないとだめ。

自分の脳力に対して値段も書くとかとにかくあけっぴろげに。

本業、副業どっちも本気でやらないと儲かるようにはなれない。

 

私はデザイナーなので、この場合だと書く(情報発信)に加えて、何かを死ぬほど作り続けないと(もちろん本業以外で)って感じですね。

 

自分のファンをふやせ!!

自分を魅力的に見せる工夫なり何なりをして、自分を好きになってもらう人を増やす。

 

今まで完全にファンになる側だったから自分がファンになられるなんて想像も出来ませんが、ファンになってくれる人がいるなんて楽しいだろうなあ。

とちょっと妄想するのでした。

 

最後に

パラレルワーク(副業)ってめっちゃ大変じゃんいつ時間作ってんの?って思ってましたが、偉人の方々は予想を上回る感じで努力を日々なさっていたんだな〜と感じたのでした。

 

しかし、会社に生活もお金も縛られない生き方や、自分がどんな仕事をすべきなのか明確に自覚されていた方々ばかりなので、みなさん輝いて見えました。

 

改めてがんばろうと思ったのでした。