読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からやぶり!

自分の殻を破りたい女が発信しようと奮闘する記録

晩ご飯を断捨離したら、自由な気持ちになれた話

スポンサーリンク

こんにちは、お腹がすいたら食べずにいられないとぅーです。

 

ここ1週間、1人で自宅にいる際は晩ごはんを断捨離してます。

 

結果、自由な時間がすごく増えた

毎日の帰宅途中に、「お腹すいた~今日のご飯は何にしよう」と考えてました。

 

お腹すいた、って生きてて当然だしまぁそんなもんだろって思ってたのですが、たまたまお腹すいてない時があったのです。

 

今日ご飯いいやと、いつもならご飯作る&食べるに当てていた1時間を、お茶飲む&本を読んでみたんです。

 

そしたらすごく集中できて、こんなに帰宅後の時間ってあったっけ?と感じました。

 

食器やまな板を洗わなくていい

晩ごはんを作ると、まな板も使うしフライパンも使う。

食器もそこそこ使うので、一人暮らし用のシンクだとパンパンになってしまうんですよね。

 

買い食いしても、トレーは洗ってからゴミに捨てる性分なので、洗う&捨ててかさばるのが微妙。

 

仕事から帰ったあとだし、パンパンのシンクを工夫しながら洗うのって疲れたな、とある日ふと思いました。

 

じゃあ晩ごはん無くしてみたらいいのでは??と思い実行してみました。

 

早く1日終わらせて、明日にしよう

この記事は、早起きして書いてみました。

夜に書くより頭がすっきりしてるし、何より朝は「自分ひとり感」があって集中できる!

 

晩ごはん食べないと、当たり前だけどすごいお腹すきます。

 

ですがお腹すくと、夜中まで時間あるし何かやろうとかいう気が起きませんでしたw

夜更かしはかなりしてしまう方だったんですが。

 

頭の中が「お腹すいた〜」なので、余計なことを考えるのも減りました。

 

食べなくても全然生きれた

よく考えたら、夜って寝るだけだしエネルギー使わないですよね。

 

最近読んだ「自由えあり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」にも書いてあったのですが、

 

人類の歴史のほとんどにおいて、うまく食糧を調達できず一日中飢え続けていた人間の身体は“空腹時に抵抗力が上がる”という仕組みになっているからだ。

 

寝る直前に胃を空っぽにしておくことで、万全の状態で身体はウイルスや病原菌と戦うことができる。

そして空腹の方が眠りは深くなり、爽快な朝を迎えられる。

 

多くの人は、ただ退屈や不安を紛らわせるために必要以上の食べ物を食べている。

 

私は食べないと何だかいけないような気がして過食気味な方だったのですが、晩ご飯を断捨離してみてから、朝起きる時にまだ寝ていたいあのだるい感じはかなり軽減しました。

 

消化に使うエネルギーを、体の疲れを癒す方に使っている気がします。

 

朝だるくてなかなか起きれない。

仕事して1日があっという間に終わってしまい虚無感がある。

 

そう感じている方は、晩ご飯断捨離を1日だけやってみてはどうでしょうか?