からやぶり!

自分の殻を破りたい女が発信しようと奮闘する記録

深く考えられない&質問が思いつかないのは、頭が悪いからじゃない

スポンサーリンク

こんにちは、考えてるつもりで深く考えていなかったことに気づいてしまったとぅーです。

 

合宿で脳みそ使いすぎたのかかなり疲れ…更新があいてしまいました。 

 

いろいろな方とお会いする機会が多かったのですが、始め〜中盤までなかなか質問したいことが思いつかなかったのです。

 

徐々に質問ができるようになってきて、そこでどういう変化があったのかご紹介したいと思います。

 

いつも聞くだけになってしまって、質問が思いつかない…という方の役に立てば嬉しいです。

 

聞くことを訓練する

 

質問するのって、ぶっちゃけめんどくさくないですか?

 

もっとも私は、聞くだけのセミナーは行くけど、ワークショップとか意見を言っていくものにはあまり参加したくないタイプです…。

 

でも、質問できる人はいるのに、私は何故できないのかずっと気になっていました。
 
話をきいて、その話題について情報を整理する。

整理した情報から、自分がどう考えるかを導き出す。

話と自分の考えを照らし合わせて、考えを進めるのに足りないところを見つけ出す。

質問するための適切な言葉を考える。
 
文字に書き出すとこんなことをしているのですが、これをしないということは、たいして興味を持っていない、ということになります。
 
…と気づいたのですが、私はこの「興味を持っていないから質問しない」という意味が全くわからなかったです。
 
だって興味無かったら話きいてないし。

 

質問が思いつかないのが、なぜかよくわからなかった

ぽっちり舎合宿でいろんな人の話をききましたが、マジで脳みそが疲れすぎてパンクしそうでした。

 

やってることは、話聞いて質問考えるだけなんですけどね。

 

いつもたいして頭使ってないなぁ…と思ったんです。

 

なぜか、自分の中の思いと外の情報をつなげて、言葉にして発するのが全然できない。

 

これって私の頭が悪いからじゃなくて、普段から考えるトレーニングをしていないだけなんです。

 

赤羽雄二さんの著書「ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング 」でも語られています。

普通に会話をしたり、本を読んだり、インターネットを利用できるような人は、本来的には頭がよいと考えている。

ストレスやプレッシャーに弱い人はいるが、誰でも自分の意見を持っており、安心できる環境であれば発言できる。

 

適切な判断力も持っている。

確かに考えの浅い、深いはあるが、これもやり取りする中で改善していく。

年齢、学歴、性別、経験などにより差はほとんどない。

ところが、驚くほど多くの人が自分に自身を持てず、せっかくの能力が宝の持ち腐れとなっている。

 

 

要は、訓練すればいいのです。

 

自分は頭が悪いんだ~と思っているかもしれませんが、頭はみんな等しくいいです。

 

訓練して使い方を知ればよい、ということになります。

 

脳みそを限界まで使うと、普段の考える基礎能力もアップする

私は合宿の1日目は、インプットしてアウトプットをがんばって…で、普段より何十倍も脳みそを使いました。

 

次の日の2日目は、そういえばこれ気になるな、聞いとこって思うことが出てきました。

 

これは、限界まで脳みそを使ったことで、脳みその器が増えて、

中身の「考える」部分が増えたような感覚があります。

 

多分それまでスプーン1杯くらいだったかも。

 

エスプレッソカップ1個くらいになった感覚。

 

ヒビノさん曰く、トレーニングすることで筋力アップして、毎日の動きが少し楽になってくるのと同じ感じだそうです。

 

脳みそも使ったら頭痛くなるし、筋肉痛っぽい感じで、できることが伸びていく。

 

話について自分はどう思うか?

 

何が疑問に思ったか?

 

 

普段からトレーニングが必要

私はいつも情報を目にしても、「ふーんそうなんだ」とわかったような気持ちになるだけでした。

 

今まで、わかってる気分になっているだけ、ということにさえ気づいていませんでしたw

 

わかったからといっていきなり覚醒することはないので、トレーニングしていこうと思っています。

 

普段接する情報に、+αして「一段階深く考える」ようにしようと思っています。

 

物事に対して、

「なぜそうなっているのか?」

「逆の場合どうなのか?」

「今ある表面の裏にある、本質は何なのか?」

「私はどう考えるのか?」

 

すぐに成果が出るわけではありませんが、今は過去の連続で出来ているので、

今の私が浅い考えしか出来ない人間なのは過去に考えていなかったことの積み重ねでできているように、

少しずつ形になっていくのだと今は考えています。