からやぶり!

自分の殻を破りたい女が発信しようと奮闘する記録

アタックして100%付き合えるのに100%相手から振られた4つの理由

スポンサーリンク

f:id:too_o0:20160913235452j:plain

 

こんにちは。地味な見た目の割に好きになったらハンティングしちゃうとぅー(@too_o0)です。

 

私はこの記事でも紹介したように、

too-o0.hateblo.jp

 

自分から行って100%付き合えてたけど、でも100%相手から振られてました~!(^^)

 

浮気されてから振られたこともありますし、しばらく距離を置きたい→振られる、ということもありました。

 

100振られてた4つの理由!目次

 

1.自分に自信がなくて、ただの便利な女になっていた

ようやく手に入れた相手に、もっと喜んでもらおうと色々としてあげちゃってました。

 

例えば、

  • ご飯を作る
  • トイレ掃除
  • 部屋の掃除
  • おごる
  • 会ったとき必ずマッサージ

 

すごい喜んでくれるし、私の好感度も上がるしいいじゃん!

 

って考えていたのですが、これが1年も続いてくると

 

便利な時に使えるもう一人のお母さん

 

になっちゃうんですよね。

 

お母さんになると徐々に愛が一方方向になっていきます。

 

本当のお母さんは1人しかいないけど、便利なもう1人のお母さんは取り換えがききます。

 

便利でしかもかわいい別のお母さんを見つけたから、取り替えたくなったのかな~

 

2.自分の価値で勝負していなかった

1.自分に自信がなくて、ただの便利な女になっていたを続けていると、してあげたことベースで相手の好感度が上がっていきます。

 

でも何かをしてあげるって、私じゃなくても誰でもできることです。

 

私の価値で相手に愛されているわけじゃなかったんです。

 

「いろいろしてくれる便利な女」

 

ではなくて、

 

「私はこういう価値観を持っていて、それに基づいてこう行動している」

 

という芯のある内から魅力の出る女性にはなれていなかったんです。

 

 

3.私の攻めの圧が重くて、相手の気持ちと釣り合っていなかった

「ごめん、その熱に答えてあげられなくて

 

とよく言われていました。

 

当時の私は、

 

好きだから一緒にいたい!

好きだからこうしてあげたい!

 

と、溢れ出る相手への想いをそのままぶつけていたんです。

 

相手の気持ちのバロメーターはどのくらいなのかよく観察して、その度合いで受け止められそうな分だけ伝えていればよかった。

 

相手は徐々に好きになるタイプなのかもしれないのに、グイグイ気持ちを投げてこられたら受け止めきれないはずです。 

 

4.性格や価値観の相性が悪かった

相性って本当にどうしようもないんですよね

 

付き合って、蓋を開けてからじゃないとわからないです。

 

私は、お互いに合わないところがあれば話し合って解決策を一緒に見つけていきたいタイプでした。

 

そして相手が深くは話し合いたくないタイプの時に振られてしまいました。

 

あまり込み入った話はしたくないのに、「話があるんだけど~」とよく切り出す私にうんざりしていったのでしょう。

 

私はもし嫌なことや気になることがあったら、話してみて相手はどう思うか話したいな~と思うんですが

 

相手ももしそういうことがあったら、言ってもらいたいですし。

 

まとめ:自信はなくていい、でも幸せに生きていると自然とうまくいく

今考えてみると、自分に自信がなかったから振られていたんでしょうね。

 

いつも暗くて、「私なんて〜」と言って相手に「そんなことないよ」と言わせることで自分の価値を保っているような関係は相手がめっちゃ疲れます。

 

私もかつて相手にそうさせてしまっていました。

 

現在の私は振られまくった挙句、

 

「あ、人に頼って支えてもらうのって無理なんだ」と悟り、

「もういいやありのままの私でwwどうにでもな〜〜れw」

 

と自信の無い自分を受け入れて生きてみたら、とても気の合う素敵な方と出会うことができました。

 

人生を誰かに作ってもらうことはできません。

 

私はそんな当たり前のことを意識して生きていなかったんです。

 

でも、そんな自分の人生を受け入れました。

 

あなたがもし何回も振られているのなら、誰かに作ってもらうことはできない自分の人生を一度振り返ってみてください。

 

 


 

アタックして100%付き合えてる方法も書いてるよ!

too-o0.hateblo.jp