からやぶり!

自分の殻を破りたい女が発信しようと奮闘する記録

デブ気質は旅行に行っても幸せになれないたった1つの理由

スポンサーリンク

こんにちは。旅行の楽しみは食に自然となってしまう小デブのとぅー(@too_o0)です。

 

先日北海道に旅行に行きまして。

 

標準体重より少し太っている私は、食べるのが楽しみで、目的でした。

 

でも、食べたことに後悔しながら帰ってきちゃったんですよね。

 

せっかくだから!とたくさん食べたら

北海道は美味しいものが本当にたくさんありますよね。

 

私もほぼ全ての目的は、

 

美味しい牛乳を飲み、チーズを食べ、アイスを食べる

 

でしたw

 

思考回路がデブなんです。

 

しかし食べるのが大好きなので、行く前は楽しみで楽しみでしょうがありませんでした。

 

いっぱい食べた!けど、幸せじゃなかった

1日目は、それはもう食べまくりました。

 

炉端焼き、じゃがバター、地酒、etc……

 

2日目、3日目と、お腹がすいてないのにお腹いっぱい食べる、繰り返していたんです。

 

すると、食べても美味しく感じなくなってきました。

 

頭は「せっかくだから食べたい!」と思っているので、どんどん食べてお腹いっぱいになる

 

2日目で、すでに頭痛がし始めていました。

 

普通の偏頭痛というか、暑くてバテた時のような、気持ち悪さ・顔のほてり・頭痛が一緒にあるような感じです

 

食べたいものを絞って、味わって食べればよかった

北海道から帰ってくる飛行機の中で、頭痛と気持ち悪さを感じながら、

 

「ああ、ソフトクリームはどこか1個でよかった(4回食べた)」

「毎晩あんなに満腹になるまで食べなくてもよかった

「味わって、幸せを感じながら食べればよかった

 

食べるのを楽しみにしていたのに、食べたことに苦しめられることになってしまいました。

 

食べすぎは身体を疲弊させ、万病を招く

2日目、3日目と経つにつれて、段々と朝が起きれなくなっていったんです。

 

大体7~8時間くらい寝ていたんですがw

 

いつもなら、そのくらい寝れば朝は比較的すっきり起きれるんです。

 

でもなんだか、その時は起きた時もすごく疲れていて

身体(筋肉とか)の疲労とは違う何だかだるい感じというか。

 

私は痩せの大食いでもないですし、身体が大きいからエネルギーが必要なわけじゃないです。

 

胃の容量はほとんどの人と一緒で、思考回路が少しデブ寄りなんです。

 

なので食べ過ぎを続けると、身体も疲弊していくんだと身を持って感じました。

 

しかも、お腹が空いていないのにそのまま詰め込んでお腹いっぱいにしてましたしね。

 

一口一口味わって、おいし~~~!!と食べるのが幸せに違いないです。

 

私は何のために食べていたんだろうか!

 

まとめ

これから食べる時には、必ずお腹が空いてから食べるようにします!

(これが普通ですよね!!)

 

一口一口味わって、美味しさを全力で感じられれば幸せに違いない。

 

大食漢でもない私のような小デブのみなさんも、お腹が空いてないのに食べるのは控えましょうね。