からやぶり!

自分の殻を破りたい女が発信しようと奮闘する記録

周りの目を気にして消耗してたけど悩みが一気に飛んだ3つの理由

スポンサーリンク

こんにちは。ゆでタマ子(@too_o0)です。

 

私は昔から引越しが多かったこともあり、周りに合わせないと馴染めなくて死ぬと思い込んで人間関係でかなり消耗して常に悩んでいたんです。

 

でも、少し考え方を変えたら驚くほど人間関係のストレスが減ってきたんですよ。

 

人間関係で悩みに悩み抜いてきたので、ウミガメの産卵のように泣いて考えて産み落としてきた方法をシェアしますね。

 

他人に対する、「脳内の方向性」を変えてきた!

人間関係で疲弊して疲れる人は「他人からの目線、評価」を気にして、勝手に妄想して苦しんでる場合が多いんです。

 

他人に対しての考え方のクセを少し変えてみるだけで、人間関係に対する意識が圧倒的に変わって苦痛から解放されますよ!

  

1.そこまで他人は自分のこと見てないし考えてない 

他人の目が気になるから消耗しているんですし、あまりピンときませんか?

 

でも、考えてみてください。

 

あなたは他人のこと、常に考えていますか?

 

考えていないはずです。

他人の目が気になると悩んでいる時点で、自分のことしか考えていないですよね。

 

周りの人もあなたと同じように、自分のことしか考えていません。

 

他人のことを考えて「あいつ嫌な奴!」となっても10秒も考えていないはずなんです。

 

そして半日経てば他人もあなたも、思ったことさえも忘れているはずです。

 

2.「みんな必死に生きてるんだ」と人を生きとし生けるものとして憐れむ

憐れむって単純にかわいそーって意味じゃないですよw

 

他人の目を気にして苦しい時って、他人の事をとてつもなく大きい敵だと感じてしまいませんか?

 

ある日、立ち食い蕎麦のカウンターの端っこに座ることがあってお客さんを一望出来たんですね。

 

みんな一生懸命蕎麦をすすっていたんです。

 

それがうちのハムスターが一生懸命エサを食べている姿とダブったんですよね。

 

それを見て、

 

「ああ、みんな一生懸命食べて生きているんだな・・・・」

 

と純粋に生きようとする力に、私も他人も所詮ただの生き物で一緒に必死で生きている仲間なんだと自分も他人も応援する気持ちになれました。

 

それからは、あの人ああ言ってるけど生きるのに必死なんだがんばってるね、と考えられるようになりましたね。

 

3.嫌われても別に死なない

死なないって極端すぎますか?

 

でも例えば少々嫌われたとして、その人が私に怪我をさせたり危害を加えてくるのでしょうか?

 

恨みを買うとかよっぽどではない限りそういうことはないはずです。

 

嫌われたって、その人が私達の人生を直接どうこう出来るわけではないのです。

 

嫌われるのが漠然と怖いと思っても、いざ嫌われてどうなるのかを考えると意外と大した事ないはずなんです。

 

他人が怖くて敵だらけだ~と想像してしまう人は、ぜひ試しに1回だけ視点を変えてみてください!